Welcome!

日本の金

8月 31st, 2012

マルコポーロが記した旅行記でも出てくるように、日本は昔から金の産出で有名な国でもありました。
河原に堆積していた砂金を集めたものが中心であり、
源義経の話の中での金売吉次も、砂金を取り扱っていたという一説もあります。

金鉱脈での採掘も行なわれるようになり、戦国時代では武将の重要な資金源になっていたといわれています。
Read the rest of this entry »

24Kとは

1月 30th, 2013

金は24分率で純度を表現しています。
24K、という場合は、つまり純度が100%であるということです。
Read the rest of this entry »

スリーカラー

1月 24th, 2013

金のカラーバリエーションとして、代表的な三つの色があります。これは、スリーカラーといわれているものです。ホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールドという三つがこの色にあたります。

ホワイトゴールドについて。
18Kにおいては、金が75%、銀が15%、ニッケルもしくはパラジウムが10%程度という割合が普通です。色としては、黄色と白のちょうど中間くらいの色になります。パラジウム割のほうが、ニッケル割に比べると高価なものになっています。しかし、ニッケルというのはアレルギー源になる可能性があるので、パラジウム割りが国産においては普通になっています。プラチナの代用品として、装飾品に使われることもあります。
また、18Kホワイトゴールドに対してプラチナを含むことによって、色を黒っぽくできるブラックゴールド、といわれているものもあります。
Read the rest of this entry »

金とは

1月 17th, 2013

貴金属の一種で、単体の金属として非常に古くから知られているものです。元素記号はAu、語源はラテン語の金を意味するaurumに由来しています。
柔らかいもので、可鍛性を持っていて、光沢のある金色が特徴的です。また、非常に重たい物質です。展性と延性に優れた性質を持ち、少ないものでも薄く延ばすことができます。こがね、くがねという言い方もあります。
同属の金属である銅や銀というものは、反応性が富んでいる金属なのですが、金の場合には異なります。標準傘下還元電位に基づいたイオン化傾向はすべての金属の中で最小で、反応性は低いといえます。
Read the rest of this entry »

カラーゴールド

1月 9th, 2013

純度75%の18金といわれる純度のものに対して、
別の素材を25%程度混ぜることでつくることができる合金が、カラーゴールドといわれるものです。

例えば、この中の種類としてはホワイトゴールド、ピンクゴールドといったものがありますが、
知っている人も多いかもしれません。
これも、カラーゴールドの一種なのです。
Read the rest of this entry »

金の主要産出国

12月 28th, 2012

金の生産国の上位10位は、2008年の時点では次のようになっています。

1:中国
2:米国
3:南アフリカ
4:オーストラリア
5:ロシア
6:ペルー
7:カナダ
8:インドネシア
9:ガーナ
10:ウズベキスタン

Read the rest of this entry »

性質

12月 21st, 2012

展延性に優れた特徴がある。
金属のうちでも、最も展性や延性に優れている金属であるといってもよく、1gという金であっても、数平方メートルにまで伸ばすことができるものになっています。
長さでは、300mにまで延長することも可能です。平面に伸ばしたのであれば金箔、糸状に伸ばしたものは金糸、といわれています。
Read the rest of this entry »

白金とホワイトゴールドの違い

12月 14th, 2012

白金は、直訳してしまえばホワイトゴールド、という言葉になります。しかし、ホワイトゴールドと白金というものは実際にはまったく別の金属になります。白金は、最近ではあまり聞かない言葉かもしれませんが、プラチナという金属のことです。
Read the rest of this entry »

金の始まり

12月 7th, 2012

人類の歴史の中で、最も金が古く使われていたといわれているのは、チグリス・ユーフラテス川の地域に栄えたメソポタミア文明のシュメール人であるといわれています。現在も、この時代については謎が多くなっているのですが、メソポタミア文明については紀元前5000年ごろに、ウバイド人といわれる農耕民族によって基礎が構築されていたようです。そこには、レンガ造りの街、神殿などの文化があり、耕作、放牧、狩猟に適した地域であったために、実に千年以上も居住していたといわれています。
Read the rest of this entry »

金メダル

2月 6th, 2013

夏季、冬季オリンピックでは、優勝者に対して金メダルが贈呈されるのですが、これは純金のものではありません。純度92.5%以上の銀製のメダルに対して、表面に6グラム程度の金メッキを施したものであるというように、オリンピック憲章においても定められています。
Read the rest of this entry »